どうしても投資と言えば法定通貨や国民銀行が発行した通貨、または投資を考えてしまいます。しかしながら最近では様々な金融商品があり、そんな中でも電子マネーや仮想通貨に対する投資も非常に逆になっています。
もちろんのことながらリスクを伴うこともありますが、効率よく稼ぐためにはこのようなことも考えていても良いのではないでしょうか。

まずは電子マネーです。実際にこれに関しては自分自身が投資をすることなくアンケートサイトやポイントサイトなどを通じて蓄積したポイントを電子マネーに変えることになりますので今は投資と言うよりは貯蓄や稼ぎといった言い方のほうが正しいのかもしれません。

また、このような電子マネーは場合によっては金融機関や証券会社のポイント投資に回すことができ、いつの間にか現金として活用することができるようになる場合もありますのでまとめてどれだけの電子マネーを稼ぐことができるか、1つに統一することによってどのような運用の仕方があるのかもまとめて考えていけば、非常に効率が良いのではないかと思います。

もちろんのことながら、航空会社などのマイルに変更したり、買い物に利用したりすることができますので用途そのものは一般的なポイント投資や投資だけではない使い方があると考えても良いでしょう。

次に仮想通貨です。こちらこそまさに法定通貨ではなく管理人がいないと言う意味では多少リスクが高いのですが様々な取引市場があり、セキュリティーに関しても様々な技術が生み出されているのでリスクは非常に少なくなっています。

実際に仮想通貨に投資を行うことになれば、ハイリスクハイリターンかもしれませんが投資としては非常に有効な手段の1つになってきます。もちろんの事なら通常の通貨と同じく市場でやり取りすることができますので自分自身の利幅を増やすこともでき新たな資金源として考えることも可能なのではないでしょうか。
また電子マネーと同じく仮想空間のゲームや商品のやりとりを行う際の交易ツールとしての通貨として認知されていますので用途も広がりつつあります。

このように電子マネーや仮想通貨に対する投資に関してはまだまだ課題があったりリスクを抱えるところもありますが、先行者メリットを生かしてどんどん利用する、もちろんのことながら分散投資も考えつつ利用していくことで投資効果を上げることが活かしやすいと考えられています。
まだまだこれから伸びるでしょう。